代表者ご挨拶

 Co.Co.Labo経営・社労士事務所(ココラボケイエイシャロウシジムショ)

 

  代表:阿久澤 文薫(アクザワ フミノブ) 年齢38歳・業界経験13年目

    <保有免許>

   特定社会保険労務士・キャリアコンサルタント

   ㈶日本生産性本部 認定 大学キャリアコンサルタント

  <代表者ご挨拶>

  はじめまして、Co.Co.Labo経営・社労士事務所の阿久澤文薫(アクザワ フミノブ)と申します。

  私は、平成18年(2006年)に新卒で入社をした専門商社の営業職を辞め、「実務経験無し」・「社労士資格なし」で、

  社労士業界に飛び込み、

 当時、私が勤めていた会社は、地方企業でありながら財務体質が良く

 人材育成等にも力を入れており、優良企業と評価される一方で、同僚が次々にメンタルヘルス不調を訴えたり、

 

 

 り、優秀な同僚が辞めていく様を見て、自分自身の将来に不安を大きく感じた事を良く覚えています。

 そのような事をきっかけに、多くの企業で同様の事情に直面しているのではないかと思ったこと、メンタル不調

 

 等に当時は数年続いた景気の活況により、人材不足が

 その後の平成19年(2007年)にリーマンショックが発生し、多くの企業で雇用調整

 当事務所は、平成30年7月に開業をした新宿駅南口エリアにある社会保険労務士(社労士)の事務所です。少し

 だけ私が社労士を志し、開業に至った経緯と、当事務所のビジョンを説明させて頂ければと思います。

 Co.Co.Labo経営・社労士事務所のビジョンには、「この社労士事務所とお付き合いして本当に良かった」と思っ

 て頂けるように何を為すべきか考え抜き、具体的なビジョンを設定しています。

  <Co.Co.Labo ビジョン>

  

  ①卓越した専門性と支援ノウハウの両方を有すること

  

  ②コミュニケーション能力を高める事

  クライアントの相談内容を正確に把握し、最適解を提案するためには、「コミュニケーション力」が必要だと

 

 感じました。人事労務管理は、法律も大きく関係しているので経営者・人事担当者の方でも本当に、質問したい

 

 内容、確認したい事項が上手く表現できずに、 当事務所では相談しやすい環境整備にも力を入れ、